« 北海道みやげ | トップページ | 覚えていた顔 »

2006年7月 2日 (日)

南の島・・・?

耳を澄ませば、波の音・・・・

そしてハワイアンソングが流れ・・・・

ランチは、ロコモコ♪

0671

南の島♪~~~

ではなく、昨日は江ノ島に行って来ました。あはっ(*^_^*)

06712

どんよりしたお天気で、ちょっと残念。

でも海を見ると、なぜかウキウキしちゃいます。

ランチの後は、新江ノ島水族館へ。

06713
このお姉さん達がメイン?って感じで、あんまり面白くなかったけど、イルカは可愛かったです。

06714
大きな水槽で、迫力満点。

06715
こちらの水槽では、鮮やかな魚も泳いでます。

06716
そして私が魅かれたのは、こちら。タテジマキンチャクダイの稚児です。
まだ縦じまではなく、丸い模様がとっても可愛かったです。

06717

水族館を後にして、江ノ島へ。

友達Oちゃんのダンナさんは、この島で働いてます。

居るかな~?でも今日は土曜日だから休みだろうな~。

海が見える所で仕事出来るなんて、憧れちゃいます。

06718
展望塔からの景色。

お天気だったら、もっと眺めが良かったんだろうな~

06719

展望塔を降りて、ちょっと休憩。

南国っぽい感じです。(*^_^*)

南の島に来た雰囲気を味わい、楽しい一日でした。

でも結構歩きつかれ、帰りは短い距離でしたがロマンスカーに乗っちゃいました。

067110

あ~ラクチンだな~~♪

乗っていたのは、たった30分でしたが、ちょっぴり旅行気分も味わえたのでした。(笑)

« 北海道みやげ | トップページ | 覚えていた顔 »

コメント

きれいです。南国気分いいなあ~、今日は花の手入れもなく、友達がパソコンもらったから教えに来てって言うから、出掛けてましたけど、どえらい違いだわ、(^_^;)
南国、南国、江ノ島のニャンコちゃんに会いましたか??
ロコモコって、食べ物??(^_^;)

いいな~、素敵な海で・・・。
どうしても江ノ島というと、私はサザンが思い浮かびます。サザン=江ノ島!

南国ムードたっぷりですね。
同じ海なのにどうしてこんなにも差があるんだろう???

っつ~か、しろぱんさんって、いつもいろんなトコ遊びに行けて羨ましいなあ。
ある意味、私が行けないところ案内してくれるから私が旅してるみたいで楽しみでもあります。
今度は、私を何処に連れて行ってくれるのかな?

To nekosann
昨日はパソコンの先生だったんですねっ!すご~い!(*^_^*)
江ノ島のニャンコ、1匹だけ見かけましたよ。
猫の募金箱があったので、ノラちゃんがこれ以上増えない様に!と、気持ちだけおいて来ました。

ロコモコはハワイの料理で、ごはんの上に目玉焼きハンバーグがのり、グレービーソースがかけてあります。
私の好きなごはんの1つなんですよ~♪

To ポムモモ太郎さん
私も江ノ島と言えば、サザンです。
あっ!時々チューブになりますが。(笑)
でもきっとポムさん家のほうが、キレイな海だろうな~!!
私もポムさんの写真で、色々案内してもらって、楽しんでます。(*^_^*)

しろばんさん  遅くなりましたけど・・・
押し花のしろちゃん凄くよく出来てますね。ワンポイントも素敵です。
江ノ島、行ってきたんですか~  私もサザン世代です!桑田さんとは同年ですので・・・真夏の果実が大好きです。でもまだ行った事無いです。トロピカルな雰囲気で素敵ですね。。。

楽しそう!
おいしそう!
お天気は残念だったけれど、水族館はとってもきれいだね。
しろぱんさんは、海を見るとウキウキするのね・・・夏娘だね。
ロコモコね・・・φ(..;) メモメモ・・・しろぱんさんには、今時のものいろいろ教えられます・・・楽しみでもあります。
江ノ島といえば私も、サザンだな・・・チューブももちろん。「ゆず」もこの辺り出身でしたよね。

To riomamaさん
押し花ほめてもらえて、嬉しいです。(*^_^*)
しまって置いたのですが、ちょっと飾っておこうかな~って思ってます。
「真夏の果実」私も大~好きです!!
イントロが流れると、その頃の思い出がよみがえってきちゃいます。

To Biさん
私はどちらかと言えば、冬より夏が好きなんですよ~(*^_^*)
夏娘(娘と言えるかな・・・)です。(笑)
住んでる所は緑が多いので、よけい海に憧れちゃいます♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142383/10760072

この記事へのトラックバック一覧です: 南の島・・・?:

« 北海道みやげ | トップページ | 覚えていた顔 »