« 近くなった距離。 | トップページ | たまごご飯 »

2006年5月30日 (火)

しろの足あと④

Omoide4_1 しろの思い出③の続きです。

しろとみけは、玄関の横の棚の上に居ることが、多くなりました。

風が避けられる場所のようです。

そのうちに、そこで寝るようになったので、弟がダンボールハウスを作って置いてあげていました。

いつも2匹で丸まって寝ている姿がかわいかったです。

しろはおっとりしている為か、周りにいるノラちゃん(?)に威嚇されたり追い掛け回される事がしょっちゅうです。

ダンボールハウスも覗き込まれ、乗っ取られそうになり、その度に私が鼻息荒く飛び出して行きます。

「この界隈を仕切ってるのは、私よ!!」と言わんばかりに、ノラちゃん相手にムキになる私。

その頃から、しろの事は手のかかる子供のような存在でした。

                                                          続く・・・

« 近くなった距離。 | トップページ | たまごご飯 »

コメント

しろばん様

しろちゃん、しろばん様に守られて育ったんですね。
気の弱い子ってどうしてもひいき目に見てしまうのが人情でしょうか。
以前マー君に良く似た子が野良の中にいまして、他の野良ちゃんに威嚇されてご飯に寄ってこれない子がいました。みんな満足していなくなってから、その子のためにそっと缶詰を開けてやってましたが、場所を追われたのか、いつのまにか居なくなってしまいました。
今、思うとマー君に本当によく似てて生まれ変わって来てくれたのかと信じたいです。
我が家ではノンビリ過ごして欲しいと願っています。

しろぱんさん、おはようございます。

やっぱり気が弱くて優しい猫ちゃんには同情して、守ってあげたくなりますよね・・・特に言葉が通じない分、よく見て観察しなければそういう猫状況って分からないですしね。しろ・みけちゃんたちをよく見ていたしろぱんさんを想像・・・。写真のように・・・何気ない行動をよく見てたんですね。

みけちゃんの行方、しろちゃんはその後・・・気がかりです。

なんかこの気持ちを、そのまま人間社会に当てはめれない難しさを感じてしまいました。・・・・今日は考えるなぁ~・・。

しろちゃんは、気が弱い子だったんだ・・・。
そりゃあ、しろぱんさんが助けてあげなくっちゃね。
そんな子だからこそ、しろちゃんへの深い愛情が芽生えて、我が子になったのよね!

今日、散歩の途中、捨て猫がいました。
それもちゃーちゃんにクリソツ!!!
でも、目やにから鼻水から、ただれてかわいそうだった・・・。けど、拾ってあげれないわ・・・。ウチも大変だから・・・。
でも、太郎が行くと威嚇すんのよ。
可哀想よね、そんなのみると・・・。
しろぱんさんも私と同じ部類かな?

うふふ、そうか、そうか、鼻息荒く出て行くしろぱんさんの顔を見たかったなァ~(*^_^*)
のらちゃんも、おこぼれがほしかったのね??
しろ君は、小さいときから、のんびり、マッタリさんだったのね、のんびりねこさんはノラさん達のストレス解消の相手だったのかな?
いつも追いかけられてたしろ君も、大きな傘の下で育ったのですね、(*^_^*)

To Draculaさん
動物の世界も大変ですよね。
なわばり争いだったのかもしれません。
そして、そこに加わる私です。(笑)
その頃はまだ、家に入れてあげれなかったので、ダンボールハウス生活は、快適に過ごせるようにがんばりました。(*^_^*)

To Biさん
しろは喋れないから、どうして欲しいのかな?って考えては、トンチンカンな事してたような気がします。
一方通行の愛も多かったかも。(笑)
人間社会・・・う~ん・・喋れるし、感情もあるし、なかなか難しいのかな。

To ポムモモ太郎さん
みけも可愛かったのですが、しろの方が「私がついててあげなきゃ!」って感じでした。(笑)
捨て猫ちゃん・・・心が痛みますよね。
ポムさん家は、とても無理ですもんね。優しい人に拾われる事を祈ります。
うちの周りでは、最近猫ちゃんを見かけないんですよ。
しろが居ないし、来てもしょうがないって思われてるのかな~(^_^;

しろばんさん  こんばんは
私、実は犬派でした・・・リオが亡くなった去年1月2日まで3ニャンのことはあんまり考えてなくて・・・リオオンリーだったのですが、、、毎日、癒されてるこの頃です。寂しさを補ってくれたのは3ニャンがいたからこそだったのをこの頃になって実感しています!!
 
私も今はむきになってますよ~~

To nekosann
ちょっと時期が違ったら、そのノラちゃんが家族になってかも?
な~んて、やっぱりしろだったろうな~!!
しろが元気だったここ最近まで、夜中であろうが外で猫のケンカしてる声がすると、しろかな?って心配で探してまわりました。
だいたいが、「何?起こさないでよ~!」って顔のしろをオコタの中に見つけ、安心して部屋に戻ってたんですけどね。(笑)

To riomamaさん
そうですよね~。ムキになっちゃいますよね~。(笑)
ずっとモーちゃんやとら・たらちゃん達が、そばで見守っててくれたんですね。
後で気付く事って多いですもん。(*^_^*)
そんなモーちゃんが、出掛けて帰りが遅いと心配しちゃいますよね。
私もよく心配しましたよ~。

うん、うん。
どうも弱っちいネコちゃんは気になっちゃうんだよねー。
今、実家も似たような感じかも。
しろが、おと君とダブります。
またまた、続きが気になるよぉー!

そうやって、だんだん、しろぱんさんたちのハートをつかんでいったしろちゃん。かわいいぞー。
守ってくれる人たちだって、しろちゃんも理解していくんだろうなーとか今後の展開を考えちゃったりして。
ネコとの出会いって、ほんと物語ですよね。
しろちゃんとみけちゃんのこの後が、またまた楽しみです!

To まさにゃん
おと君、しろみたいなんだ~。
まさにゃんちゃんの実家の周りも、ネコちゃんの世界がありそうだもんね。
おと君気になるー!!

To keikoさん
そうなんですよね~、ハートをわし掴みです。(笑)
手のかかる子ほど、可愛いんですよねっ!(*^_^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142383/10139801

この記事へのトラックバック一覧です: しろの足あと④:

« 近くなった距離。 | トップページ | たまごご飯 »